• <tr id="qwak4"><nav id="qwak4"></nav></tr>
  • <tr id="qwak4"><nav id="qwak4"></nav></tr>
  • 研究紹介

    社會?環境との更なる
    調和をめざし工學、人文?社會科學の両面から幅広く研究

     株式會社原子力安全システム研究所は、関西電力美浜発電所2 號機において非常用爐心冷卻裝置(ECCS)が日本で初めて作動するという事態が発生したのを機に、幅広い調査?研究を行い、成果を國內外に公開することで、原子力発電の安全性と信頼性を向上させることを目的に1992 年3 月に設立されました。

     當研究所は、関西電力株式會社の全額出資による株式會社ではありますが、設立當初より獨立した第三者的な立場で調査?研究を行ってきました。また、技術的側面だけでなく人間科學?社會科學の側面にも著目し、多角的な研究を行うため、社會システム研究所と技術システム研究所の二つの研究所から構成されています。
     両研究所が密接に連攜し、さらに國內外の関係組織との共同研究などオープンな研究活動を進め、関西電力株式會社に対し客観的な助言?提案を行うとともに、研究成果を公開することで、原子力発電の安全性?信頼性の向上に取り組んでおります。
      原子力安全システム研究所は、社會?環境と調和した原子力発電の探究を通じて、社會に貢獻してまいります。

    原子力安全システム研究所

    社會システム研究所Institute of Social Research

    人間科學?社會科學により
    安全と信頼を追究する
    日本と世界の將來にとって最も基本となる、エネルギー問題の解決や軽減に貢獻するという問題意識のもとに、科學技術と人間?社會のより良い関係を発展させるための研究を進めています。

    技術システム研究所Institute of Nuclear Technology

    原子力発電の安全性?信頼性の
    一層の向上を求めて
    原子力発電の安全性?信頼性の一層の向上を図るため、第三者的な立場から、外部ブレーンとの連攜を図りながら、運転?保守に直接関連した安全技術の向上をめざします。

    аⅴ天堂最新版在线中文